天使のため息、悪魔のあくび

好きなものと、嫌いなものと、その他の日常。

今一番面白い漫才師『金属バット』

とりあえず、この漫才をここ数日間で何度見たことか。

 


金属バット M-1 2016 3回戦

 

ぶっ飛んだ。何度見ても笑ってしまう。

 

インパクトのある風貌、訛りの強い関西弁、独特なリズム、ネタの発想力、言葉選びのセンス、そんでもってコンビ名が「金属バット」・・・。

 

他を寄せ付けない圧倒的なオリジナリティ。

とんでもない若手芸人が大阪に潜んでいたものだ、と驚いた。他の漫才もひと通り見てみたが、荒削りながらもどれも面白い。

 

しかも、彼らは所謂インパクト重視のイロモノ芸人とは訳が違う。

 

上手いのだ、異様に。特にツッコミの技術は群を抜いている。昨今の若手の中ではズバ抜けて上手いと思う。(芸歴的にみて)

 

ごく自然なテンポで繰り広げられる、若者の立ち話のような漫才。台本がないんじゃないかと思わせる会話の中に、さらりと挟み込まれるボケとツッコミ。

この漫才をこの芸歴で確立しているのが凄まじい。

 

が、彼らが売れるのは一筋縄ではいかないだろう。

彼らの目指している場所がどこなのかは分からない。しかし、単純明快な「全国区で売れる」というのは、厳しいと思われる。

一般ウケし辛いカルトな笑い、醸し出されるクセ者臭は、分かりやすい笑いを求めるテレビ等には不向きだ。

 

 

ただし。

現在はそういうニッチな笑いが受け入れられる世の中になっている。

永野、日本エレキテル連合、馬鹿よ貴方は、脳みそ夫等のカルト系芸人が、地上波でネタを披露出来る世の中だ。

 

金属バットが全国に解き放たれるのも時間の問題だと、僕は信じている。

だから、売れなくても腐らずに漫才を続けて欲しい。

 

 

『ネジコンvol.4』終演。

ネジマキトカゲ コント公演

ネジコンvol.4』全日程、終了しました。

 

ツイッターでも書きましたが、改めてご来場くださった皆様、有難うございました。関係者の皆様、お疲れ様でした。

 

今回、予想を上回る程の好評を博しました。よいしょー。

もちろん賛否両論ありましたが、とにかく笑いの量が今までと段違いに多かったし、こんな事言うのもあれだけども、ちゃんと「ウケました」って胸張って言える公演だったと思います。久々に笑い待ちなんてしたよ。

 

褒め言葉を褒め言葉として受け止められない、ネガティブが服を着ていると評される僕ですが、滅多に褒めたりしない知人が「面白かった」と言ってくれたりしたので、ちょっとは自信を持ってもいいかなと。

 

でも、この結果は僕一人の手柄じゃないのでね。

今回の物語の根幹をつくったのは亮さんだし、一番お客さんを呼んでくれたのはあべしだし、役者にチラシにグッズにと色々頑張ってくれたのはじゃっくさんだし、実際一番笑いをかっさらっていったのは根間くんだし、重要なキーパーソンを頑張ってこなしてくれたのは長谷川くんだし。

 

浮かれてたらすぐに沈む。これからなんだよ。

より一層、身を引き締めて。

Good Morning Comedy『四臓六腑』

鈴木タケシという人は、僕が知っている中でも最高峰のコメディアンだ。

 

彼が企画するGood Morning Comedy(以下、GMC)の公演を観てきた。

僕の所属するネジマキトカゲはほぼほぼコント劇団なのだが、周りで唯一同じようにコントに特化して活動しているのがGMCである。

 

GMCは過去3回ほど見て来ている(内1回はスタッフとして関わった)が、毎回面白苦なっていっている。そして、今回は特に面白かった。

 

その理由は明白だ。主宰でありプレイヤーである鈴木さんと、周りとのパワーバランスが均衡していたからである。

 

上記した通り、鈴木さんは生粋のコメディアンである。なめらかな滑舌と落ち着いた声質、そして何より間の使い方が非常に上手い。笑いを取るために生きている人である。

今までの公演は、そんな彼と周りの出演者とのレベルに差があり、彼一人だけが浮いてしまっているという状況が起きていた。コントはお互いの掛け合いによって笑いが生まれるわけで、双方のパワーバランスが釣り合っている状態が好ましい。が、実際は彼が全てを回し、笑いを生み出していた。これではバランスが悪く、うまいこと笑いも起きていなかった。

 

それが今回に関しては、他の出演者たちもコメディアンの素質のある方々ばかりだった為、掛け合いが上手い事展開していき、笑いも大きくなっていた印象がある。

 

笑いしかない100分。至福の時間だった。

今後の活動も楽しみ。