愚者、ぼんやりと月へ行く。

好きなものと、嫌いなものと、その他の日常。

今一番面白い漫才師『金属バット』

とりあえず、この漫才をここ数日間で何度見たことか。

 


金属バット M-1 2016 3回戦

 

ぶっ飛んだ。何度見ても笑ってしまう。

 

インパクトのある風貌、訛りの強い関西弁、独特なリズム、ネタの発想力、言葉選びのセンス、そんでもってコンビ名が「金属バット」・・・。

 

他を寄せ付けない圧倒的なオリジナリティ。

とんでもない若手芸人が大阪に潜んでいたものだ、と驚いた。他の漫才もひと通り見てみたが、荒削りながらもどれも面白い。

 

しかも、彼らは所謂インパクト重視のイロモノ芸人とは訳が違う。

 

とにもかくにも、上手い、異様に。特にツッコミの技術は、昨今の若手の中ではズバ抜けて上手いと思う。(芸歴的にみても、技術的にみても)

 

ごく自然なテンポで繰り広げられる、若者の立ち話のような漫才。台本がないんじゃないかと思わせる会話の中に、さらりと挟み込まれるナンセンスなボケとツッコミ。

この漫才をこの芸歴で確立しているのが凄まじい。

 

が、彼らが売れるのは一筋縄ではいかないだろう。

彼らの目指している場所がどこなのかは分からない。しかし、単純明快な「全国区で売れる」というのは、厳しいと思われる。

一般ウケし辛いカルトな笑い、醸し出されるクセ者臭は、分かりやすい笑いを求めるテレビ等には不向きだ。

 

 

ただし。

現在はそういうニッチな笑いが受け入れられる世の中になっている。

永野、日本エレキテル連合、馬鹿よ貴方は、脳みそ夫等のカルト系芸人が、地上波でネタを披露し、売れていく世の中だ。

 

金属バットが全国に解き放たれるのも時間の問題だと、僕は信じている。

だから、売れなくても腐らずに漫才を続けて欲しい。