読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今際の際まで笑わせて

久間健裕のブログ

ぶらり江ノ電ひとり旅

空が晴れ渡っていたので、江ノ電に乗ってきました。

別に鎌倉の大仏を見にいく訳でも、江ノ島に行く訳でもなく、ただ江ノ電に乗ってきました。

f:id:mr-mooncalf:20161209003542j:plain

 

いやー、気持ち良かったです。乗ってるだけで気持ちいい乗り物ってあんまりない。

ただ、平日なのに意外と観光客が多くて、ちょびっとがっかり。

 

公道を車と並走する江ノ電は、都電荒川線と似てるね。荒川線はあそこまで民家ギリギリを走らないけど。

両方ともに思うけど、やっぱり昔からの雰囲気を残している車輌の方がいい。

江ノ電は床が木のタイプの車輌が一番レトロ感丸出しで好きでした。

 

 

お昼は長谷駅から少し歩いたところのお店に。

普通の喫茶店かと思いきや、まさかのベトナム料理がメインのお店。エスニック風味のオムライスはなかなか美味しかったです。(パクチー駄目な人にはオススメしません)

「豆猫堂」という店名で、店内にも猫の置物や猫関連の雑誌、本がズラリ。猫推しのお店みたいだったけど、本物の猫はいませんでした。

f:id:mr-mooncalf:20161209004029j:plain

 

そして、残りの時間はずっとひとり、浜辺に座って海を眺めていました。
写真は稲村ヶ崎駅近くの浜辺。

f:id:mr-mooncalf:20161209004003j:plain

浜辺で波音を聞きながら、海風に吹かれてぼっーとしていると、意識が時の流れから外れるというか、気がつけば30分ぐらい平気で経っていたり。

稲村ヶ崎の浜辺には、精神と時の部屋があるみたい。

 

 

江ノ電ひとり旅は、なかなかに素敵な旅でした。心が浄化された感じがします。

鎌倉から自宅へ戻る道中の電車で、人がどんどん増えていく度にストレスを感じるレベルぐらいです。


次はもうちっと観光客が少ないタイミングを狙って行きたいと思います。