愚者、ぼんやりと月へ行く。

好きなものと、嫌いなものと、その他の日常。

開幕ペナントレース『あしたの魔女ョー[或いはRocky Macbeth]』

我が敬愛するパフォーマーのひとり、小林賢太郎が至る所で推薦していた劇団、開幕ペナントレースを遂に観劇。

 

んんん、感想が難しい…。

 

目の前で巻き起こる、なんじゃこれ!?というシーンの数々。観劇というか、もはや体験といった方が正しいと思う。

僕は作品のベースとなっている「マクベス」をよく知らない。「マクベス」をしっかりと知った上で見たらもっと面白かったのだろうか。そうだとしたら、この作品は「マクベス」のパロディという位置付けになるのか。だとしても、そのギャグセンスはぶっ飛びすぎているが。

 

とにかく、なんともよく分からない舞台だった。しかし、決してつまらなかったわけじゃない。物語を理解する/しないを超越した何か、パフォーマンスの面白さ、みたいなものがあったのだと思う。