愚者、ぼんやりと月へ行く。

のらくらやってこう

LOVEについての話をしよう。

 

最近の世の中は「Hate」が溢れかえっている気がしている。

否定、非難、誹謗中傷。

気に食わなければ直ぐに攻撃。煽られ、晒され、除け者にされる世の中。

 別に個々の意見があるのは重々承知だし、自らの 主義主張を曲げたり、無理くり抑え込むような事は出来るならばしない方がいい。誰もが自由に発言出来る社会こそが、平等な世界への第一歩だ。それも一理ある。

が、昨今の世の中に蔓延している「出る杭は叩きのめせ」という風潮には正直ウンザリしている。

大多数の「正論」が巨大な鉄槌となって、少数派の「意思」を断罪することは、本当に正しい行為なのか?例えその「意思」が間違いであったとしても、それを頭ごなしに否定して、寄ってたかって吊るし上げる事は、決して正しい行為とは言えないと思う。

「Hate」が蔓延するこの世界にはウンザリしてしまった。こんな世界、クソ喰らえだ。

 

僕はもっと「Love」を語りたい。

嫌いなものよりももっと多くの、好きなものについて語ろうじゃないか。好きな映画とか、好きな音楽とか、好きな人の事とか。

 これは単なる逃げかもしれない。現実から目を背けているだけかも知れない。

ただ、これだけは確信を持って言える。

「Hate」が語られる世界より「Love」を語れる世界の方が、間違いなく平和だ。