尖る力

本日は、新宿ロフトプラスワンにて『RGとエル・カブキのあるあるワイドショー』を観てきました。やれ不謹慎だやれコンプライアンスだと、規制大国となり果てている日本で、ここまでソリッドなトークが聴ける場所はなかなかないのではないだろうか。

いまや売れっ子芸人のRGさんも持ちネタのあるあるやマニアックな知識を駆使したトークを展開していて良かったけど、やはりエル・カブキの怖いもの知らずな爆弾トークの破壊力は凄かった。特にエル上田さんの淀みなく繰り出されるギリギリトークには何度も手を叩いて笑わされた。あの喋り技術は当代随一だと思う。そして、売れない理由もよく分かる。

毒舌ネタというのは、喋る本人の愛嬌だとか悲哀だとか、そういう毒を薄める要素があって初めてテレビ向きなネタになる。もしくはコンビなら爆笑問題のように、ボケの毒をツッコミが制す事でマイルドにする事も出来る。それと比べるとエル・カブキは、林さんの毒のあるボケに対して上田さんがツッコみつつ、それに被せる形で更に強い毒を吐く。しかもその毒舌ってのがあまりにも正論過ぎてかわしようがない。そのドキツさが僕はめちゃくちゃ面白いんだけど、そりゃ賛否は別れるだろうし、間違いなく昨今のメディア向きではない。

ただ、それが彼らのオリジナリティでもあるので、ここを曲げてまで売れて欲しくはない。多分、本人達が一番そう思ってるだろうけど。

上田さんがある芸人さんを引き合いに出して放った一言「自分の言葉で喋ってない奴のどこが面白いんですか!」には思わず頷いてしまった。これはお笑いに限らず、どのジャンルのクリエイターにも当てはまる話だと思う。勿論気軽に様々なコンテンツに触れる機会のある今、全くのオリジナルが生まれる可能性は極めて低いし、誰もが誰かのサンプリングにならざるを得ない時代だとは思う。がしかし、かりそめの言葉では誰の心も打つ事は出来ない。ちゃんと自らのフィルターを通し、自らの言葉で発信する事が重要なのだと思った。自戒を込めて、心のバイブルに刻んでおきたい。